エルと私

アクセスカウンタ

zoom RSS 母のこと

<<   作成日時 : 2013/06/26 09:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

忘れないように記録として

2月20日に医大に入院して翌日21日に下肢動脈硬化症の手術。
動けないので翌日まで麻酔で寝かされる。
当初、2週間の退院予定が傷が塞がらないとのことで
伸ばされる。手術後の肝臓、腎臓の数値がかなり悪く
肝硬変のために腹水がたまってると言われた。
入院が長いためか何度も部屋を移動され、その度に
せん妄がひどくなっていった。
個室に移された時は自分が前に看護師として働いていた
病院と思い込みベッドに座って仕事をしてる気分に
なっていた。21日が給料日なので給料が出たら私に
くれると言っていた。病院へ行く度に壊れていく母を
見るのが辛かった。
5月に入ってMRSAの菌が足の傷口から出てると言われた。
足の傷の治り具合が知りたくて処置の時に足を見せて
もらった。手術してる足もしたない足も壊疽で真っ黒だった。
6月2日に病院へ行った時には車椅子でも寝るように
なっていた。腎不全の毒が頭に回ってケイミン状態だった
らしい。
3日、病院から電話。話があるので時間を取ってください
と言われたが、早く話がききたかったので電話で少し
話を聞いた。いきなり治療法がもうないと言われた。
詳しい話を5日に聞いた。透析を受けるために体に
傷を作れないことと、認知症のためじっとしている
ことができないので無理だと言われた。
それならば母がずっと帰りたいと言ってた地元に
帰して欲しいとかなり強気で言った。MRSAがあるため
地元の病院が受け入れてくれるかわからなかった
らしい。こちらの病院で治せなかったんだからそれくらい
して欲しいと言った。
この日に母が私のことをわかったのは、私が病院へ
行ってから3時間後のことだった。せん妄がひどかった。
翌日に休みを取って一日母のところにいた。
この時に地元の病院で受け入れてくれると連絡があった。
12日介護タクシーで帰ってくる予定が救急車の搬送
になった。いつ何があってもおかしくない状態だった。
この時はもう母は口から食べることができなくなって
いたし、ほとんど目を開けることはなかった。
地元の病院へ戻ってからは目をあけて私が話すこと
にもうなずくようになっていた。地元の病院で治療して
自宅に帰るんだよと言うと二回うなずいていた。
地元に帰ってきてからは母が会いたいと思ってた人が
たくさん来てくれた。母も言葉は出ないけど相手の
話にうなずいて答えていた。
16日には会いたかった孫が来てくれた。私が行った時も
私の話に何回も頷いて応えていた。
翌日からほとんど目を開けることがなくなった。
かなり呼吸もあらくなっていた。
20日の夕方に行った時、母は声をあげて苦しんでいた。
先生が来て「モルヒネを打ちますか?」と聞かれた。
もうこれ以上母を苦しませたくなかったのでお願いした。
21日朝、私が会社に着いて仕事につこうとした時に
電話が鳴った。もう脈が弱くなったいるので来て下さい
とのことだった。まだ生きてると思って母の体をゆすって
「お母さん起きて!」と叫んでも母の反応はまったく
なかった。看護師が私に電話してくれた時に亡くなった
と告げられた。死亡診断書は8時17分になってるが
正確には7時58分だと思われる。
母の最期に死に顔はまるで眠ってるように安らかだった。
長い長い苦しみから解放されたのか寝てても眉間に
しわがよってたが最後は眉間にしわはなかった。

続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
お辛い経験だったと思います
まずはyumikoさんに 『お疲れ様でした』
お母様も苦痛から解放され、健やかになられて
旅立たれたと思います

親を見送るというのは、大変な事です
私は母子家庭で、しかも一人っ子でしたので
母が唯一の身内でした
その母を私が27才の時に見送りました
最期は私が医師に頼んで、蘇生措置は一切行わず
そのまま、ありのままで逝かせて欲しいと頼み
そのとおりに逝かせてあげました

ここまでのケアをされたyumikoさん
ご立派です
せん妄や次々に起こる不測事態に悩まされながらのご看病誰にでもできることではないです
最初に書きましたが
親を見送るというのは、もの凄く大変なことなのです
yumikoさん、本当にご立派でしたよ
少し休まれてください
リッケン330
2013/06/26 12:37
ファティマ第三の預言についてまとめました。
ブログを見てもらえるとうれしいです。
"haru144"で検索すると出てきます。

第二次大戦前にヨーロッパでオーロラが見られたように、
アメリカでオーロラが見られました。
ダニエル書を合算し、
未来に起こることを書き記しました。
エルサレムを基準にしています。


2018年 5月14日(月) 新世界
2018年 3月30日(金) ノアの大洪水

この期間に第三次世界大戦が起きています。

2014年 9月17日(水) 荒らすべき憎むべきものが
聖なる場所に立って神だと宣言する

2014年 9月10日(水) メシア断たれる

この期間に世界恐慌が起きています。

2013年 7月3日(水) メシヤなるひとりの君(天皇陛下)
御国の福音が宣べ伝えられる

2013年 5月15日(水) エルサレムを建て直せという命令が・・


唯一の神、唯一の救い主イエス・キリスト、
死者復活と永遠のいのちを確信させるものです。

全てあらかじめ記されているものです。
これを、福音を信じる全ての方、
救いを待ち望む全ての方に述べ伝えてください。
マタイ24
URL
2013/06/26 17:41
yumikoさんのお気持ちを思うと、胸が痛みます。
心よりお悔やみを申し上げます。
お疲れのことと思いますが、お身体にだけはどうぞお気をつけて。
無理されませんように。
みのり
URL
2013/06/26 19:23
yumiちゃん辛かったね。お母さん…旅立たれてしまって…読んでいたら、私だったら…と重ね合わせて涙が止まらなかった。最期のときまで頑張られて…生き抜いて…眠ったようだったと…きっと苦しみから解放されて、安堵されたのではないでしょうか。最期までyumiちゃんも一緒に頑張ったね。後も大変だと思うけれど、身体を壊さないように時間が空いた時には、なるべく休んでね。お母さんのご冥福を、心からお祈り致します。
ラミー
2013/06/26 21:15
yumiちゃん、納得のいかない事もたくさんあると思うし、気持ちの整理もつかず本当に辛いと思いますがお母さんの望みを叶えて地元に帰ってそばにいれて良かったです。
yumiちゃんが周りの人に愛情深いように、お母さんもそういう方だと思います。
今は会えないけど隣の部屋にいるようにお母さんはこれからもyumiちゃんをみていますし、周りの人 やエル君も離れていても私もyumiちゃんを応援してます。yumiちゃん一人じゃないですよ。
わったん
2013/06/26 22:02
お母さん頑張りました。
ゆみさんも明日後悔しない為に今日を本当に精一杯頑張っていたのですね。
ゆみさんの気持ちを思うと胸が締め付けられる思いです。

色んな場面を思い返し記録を綴るというのは、辛い作業だと思います。
でも全て忘れずにいたいから、そうしたいのですよね、きっと…。
私もそうでしたから。

受け止めるなんて出来るわけないんだけど、それでも前に進む為に一つ一つ、ゆっくりとね。

でもそういう私は大好きだった父を見送り、立ち止まったり、後退したり、全然前になんか進んではいないけど、無理に進まなくてもそれでいいかなと最近は思っています。

今はとにかく身体をゆっくり休めて下さいね。

お母さんいつもそばにいるから。
もん福ママ
2013/06/27 02:03
寂しいですね・・・
"お母さん"ってずーっと自分の傍にいてくれるとなんとなく思っていた気がします・・・
yumikoさん、旦那さまも ご苦労様でした〜
元気な時に母が云っていました・・・順番が違ったらそんな不幸せな事はないんだからって
だから、yumikoさん辛いけど看病できて親孝行したんですよ〜
悔しいし寂しいけど、お母さんはいつもyumikoさんを見守ってくれています。
わたしもいつも母と心の中で話しています。
私は母の闘病3年間の事、どんどん小箱に鍵かけている気がします・・・母が母じゃなくなっていたから・・・
今では笑顔の母ばかり想い出そうとしている気がします。。。

yumikoさんも、気が抜けちゃって体調崩さないようにゆっくり休んでくださいね。。。
エル君、yumikoさんをたくさん癒してあげてね・・・
ごんとびくるあびのなぁちゃん
2013/06/27 21:02
ゆみちゃん、辛かったね・・・少しの間だけでも、意識が戻って、反応してくれて良かったね。
お母さんのご冥福心からお祈り致します。

ゆみちゃん、体調崩さないようにして下さいね。

エルくん、ゆみちゃんをお願いネ!
大和の母ちゃん
2013/06/29 13:55
ご冥福を心からお祈り致します
お母さんはいつもゆみちゃんと一緒にいて
ゆみちゃんの健康と幸せを祈っていると思います
お身体大切にして下さいね
mako
2013/07/21 17:25

マイリンク集

  • アメコカ生活!with大和…
  • ノエルとゴロゴロ…
  • 札幌からひとりごと…
  • マブ、コロ仲間…
  • いとしのしんのすけ…
  • アメコカラッキー!from ibaraki…
  • オレ様!何様?レオン様…
  • 大きくなれよ!HAKU!…
  • モモテン日記…
  • Pimocoの気まぐれ日記…
  • Aコッカースパニエル サリーのお部屋…
  • アメリカンC・スパニエルMAXの「とりあえず寝とこう」…
  • ★アメコカ★ラン♪蘭♪らんちい♪…
  • アメリカンコッカースパニエル365日とちょこムース…
  • ノラの気まぐれ日記…
  • 久遠の足跡…
  • m's box photo…
  • ゴルくる太とアメコカあびぃ・ののかとお友達
  • A・コッカー『CANOE』オヨダダクダクDIARY
  • アメコカもんじろう日和…
  • 母のこと エルと私/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる